1947年(昭和22年)4月 学制改革により、六三制実施。従来の高等科が独立し、千葉師範学校男子部、女子部に附属中学校が設立される。千葉師範学校男子部附属中学校及び女子部附属中学校設立。
  1949年(昭和24年)5月31日 新制千葉大学発足により千葉師範学校が千葉青年師範学校と共に学芸学部の母体として包括されたため千葉大学千葉師範学校男子部附属中学校及び女子部附属中学校となる。
  1951年(昭和26年)4月 文部省令により千葉大学教育学部附属第一中学校、附属第二中学校と改称。
 
 
  1966年(昭和40年)4月 千葉大学教育学部附属第一中学校(旧千葉師範学校男子部附属中学校)と千葉大学教育学部附属第二中学校(旧千葉師範学校女子部附属中学校)が統合。西千葉弥生町に移転。それに伴い、千葉大学教育学部附属中学校と改称。
   
  1980年(昭和54年)4月 海外帰国子女受入れ開始。(定員15名)
  1997年(平成9年)3月 校舎棟竣工。
  2000年(平成12年)1月 管理棟、 体育館、 プール竣工。新校舎完成。
  2004年(平成16年)4月 国立大学法人千葉大学教育学部附属中学校と改称。

   私たちの先祖は、古代阿波の国から東に移り今の安房神社を中心に居住を始め、南方から次第に北方に開拓を進めたように「古語拾遺」(平安初期、斎部広成の著)に記述されている。
 そしてこの地に麻がよく繁茂したので「フサ」の名を国名とし、上総、下総の名が生まれたものとある。麻は荒地にもよく堪えて生き、しなやかな茎は天空を指してすくすくと伸びつづけ、その繊維はこの上もなく強靭である。
 この校章は麻の葉の意匠によって千葉の地と附属中学校生徒の育成への理念を象徴したものである。
    (校旗)