千葉大学教育学部附属中学校同窓会

ご挨拶

ご挨拶

 昭和22年(1947年)戦後の学制改革により千葉市市場町に千葉師範学校男子部附属中学校、四街道町に女子部附属中学校が創立されました。2年後の昭和24年(1949年)それぞれが千葉大学附属第一中学校・第二中学校となり、昭和40年(1965年)一中・二中が統合して西千葉に附属中学校が誕生いたしました。

 これに伴い昭和51年(1976年)同窓会も一中・二中を統合し附属中学校同窓会となりました。同窓会事業として高長谷初代会長の下、昭和57年(1982年)、昭和63年(1988年)、平成6年(1994年)と3回にわたって同窓会名簿が発行されました。その後の事業は卒業式に併せて行われる同窓会入会式の開催のみとなっております。

 今後の同窓会活動を活性化し、また2015年に迎える統合50周年(創立から数えると68年)の記念事業に対応するべくこの度統合後卒業した方々に同窓会の役員になっていただきました。

 千葉大附属中同窓会ホームページの立ち上げはその第一歩です。当面の活動として各学年幹事(連絡窓口の方)の登録・確認、学校側50周年事業への協力等を主にした展開を考えております。

 一中・二中・統合の卒業生は現在1万3千人余におよび統合後だけでも1万人を超えております。これら同窓会会員の皆様のご理解とご協力ほどよろしくお願い申し上げます。

 終わりに母校附属中の発展と会員皆様がたのご活躍とご健勝を祈念申し上げます。

同窓会会長 小池 啓嗣(昭和37年(1962年)卒)
ホームページ開設のご挨拶

 亥鼻山にあった「附属第一中学校」と四街道にあった「附属第二中学校」は、1965年(昭和40年)4月に現在の西千葉の地に統合され、2015年(平成27年)に統合50周年を迎えます。

 中学校では統合50周年の記念行事の実施を検討しており、同窓会に対しても協力依頼がありました。しかしながら、同窓会は1994年(平成6年)に同窓会名簿を発行したのを最後に、事実上活動を停止し休眠状態となっています。ただし、毎年卒業生からは卒業時に同窓会費をいただいており、学校の管理で積み立てています。

 今回の統合50周年を機会として、同窓会活動の再開、記念行事等への参画、積立金の有効利用を図ろうという声があり、小池会長、櫛部副会長を中心に事前準備を始めています。

 統合後だけでも1万人にのぼる卒業生がおり、意見の集約、名簿の作成を合理的に行うために、各学年(各学級)の代表者による討議組織を作る必要があります。

 卒業生の皆様のご一報とご協力をいただけれ幸いです。

  1. 学年幹事、クラス幹事をご存じの方
  2. ご自身で本件にご協力いただける方
  3. 周辺で本件に適任の方がいらっしゃる方
  4. ご兄弟姉妹、ご子息等も卒業生でいらっしゃる方

 ぜひ、同窓会事務局までご連絡ください。

※同窓会事務局へのご連絡は、「問い合わせ」ページの専用フォームよりお願いいたします。

2013(平成25)年6月